キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« イレブンオートキャンプ場キャンプレポート:トップページ白猪谷キャンプ場 »

ヤマメの里

Oct. 28, 2000 渓谷に挟まれたキャンプ場(JFSC監修の管理釣り場)

ヤマメの里:イメージ1

山梨県の南側に位置する下部町。その谷間に「ヤマメの里」があり、恵まれた環境の中にはキャンプ場、釣堀、売店などの施設など揃っており、なかでも養殖が難しいと言われる渓流魚の女王(ヤマメ)だけを専門に、卵の段階から成魚にいたるまで一環して生産して下部町の特産品として扱われています。今回はちょっとした事から「バンガロー1泊券」を頂いたので遊びに行ってきました。

中央自動車道、韮崎ICから国道141号線、20号線を経て国道52号線を静岡方面に南下していきます。1時間ほど車を走らせると河口湖または本栖湖の標識が見えるので、標識を頼りに国道300号線に入り常葉トンネルの手前を左折してヤマメの里に車を走らせれば到着です。山間に入ってからは、今年の夏に降った大雨の影響で1部区間片側通行になっていますが、車の往来が少なく車の運転には問題ないと思います。

ヤマメの里:イメージ2

到着してから受付で名前の記入をしてバンガローに案内されました。オフシーズンなのでバンガロー使用者は私1人のようで、見晴らしが良い部屋を借りてキャンプ場から周囲を観察しはじめました。敷地内の半分ほどを占領している釣堀を見に行くと10人程釣りをしています。家族連れで来ていた人達は釣った魚をその場で焼いてバーベキューにする予定らしく綺麗にセットしてありました。

ヤマメの里:イメージ3

ヤマメだけの管理釣り場は全国的にも珍しく、久しぶりの渓流魚相手にちょっとだけ遊んでみます。受付の横に書いてある看板には「ヤマメは非常に警戒心が強い魚で・・・」などと書いてありましたが、池の中で泳いでいる姿を見ていると、悠然と泳いでいる魚達は警戒心が強いとは感じられませんでした。しかし釣り始めると魚達は警戒しているようで思った以上に成果を上げられません。

ヤマメの里:イメージ4

しばらくしてから釣堀の横を流れる栃代川に足を運びます。紅葉が始まりかけた渓谷は底まで見える透明度の水質がとても印象的で、キャンプをするならこちらの場所をおすすめしたいほどでした。紅葉を見ながら渓流トレッキングをしていると石を積み上げて作った大きな堰堤があります。ちょっとした滝つぼになっており、泳ぐには充分すぎるほどの深さと広さでしたが、水温11℃しかなく泳ぐ勇気がなかったので来年また来た時にはここで泳ぐ決意をしました。

ヤマメの里:イメージ5

夜になってから雨が降り始め、楽しみにしていた星空もお預けになってしまい、誰もいないキャンプ場で雨の音と川の流れる音を聞きながら朝を迎えました。場内には売店と自動販売機があるが、夜になると誰もいなくなります。必要な物は揃えてキャンプ場に行ったほうがいいでしょう。

-DATA-

名前:
ヤマメの里
場所:
山梨県西八代郡下部町杉山1533
電話:
0556-36-0083
担当:
松永さん
URL:
http://www.yamame-no-sato.com
交通:
1.中央自動車道 河口湖ICより本栖湖、国道300号線、常葉トンネルを通過してから右折してヤマメの里
2.中央自動車道 韮崎ICより国道141号線、20号線、52号線、300号線を経由して常葉トンネル手前を左折してヤマメの里
駐車場:
無料
トイレ:
キャンプ場内にあり
施設料金:
テント1張2000円
バーベキュー(屋根付き)2000円+1人100円
バーベキュー(屋根無し)1000円+1人100円
バンガロー1泊6000円~10000円(入浴施設あり)
釣堀2000円~5000円
詳しい内容は担当の方と交渉してみてください。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る