キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2000年08月キャンプレポート:トップページ2000年10月 »

梶ヶ森天狗の鼻キャンプ場

Sep. 20, 2000 初秋のキャンプ

梶ヶ森天狗の鼻キャンプ場:イメージ1

今回は、高知の名峰、梶ヶ森の頂上直下に広がる梶ヶ森キャンプ場でのレポートです。ここまでは、車で来る事も可能で、梶ヶ森の自然を満喫でき、梶ヶ森札所巡り(七つの札所が巡れる)なるものもあってかなり楽しめる所です。

車でのアクセス方法は、高松方面から高知方面に向いて国道32号線を走る。大歩危を過ぎて、梶ヶ森自然公園の看板に従い東へ曲がり40分程走ると梶ヶ森キャンプ場につきます。JRでは土讃線豊永駅からと大田口駅からの二つの登山コースを歩いてキャンプ場まで来れます。僕は今回、大田口駅側から登り豊永駅側へ下るコースで歩きました。大体どちらのコースでもふもとからキャンプ場までは4時間程度で登れます。(このレポートは別途掲載しております。)

梶ヶ森天狗の鼻キャンプ場:イメージ2

買い物に関して、飲み物位はすぐ近くの梶ヶ森山荘で購入できます。基本的には必要なものはあらかじめ全部持ってきたほうが良いでしょう。キャンプ場の設備は必要最低限にして十分と言う感じで、僕は個人的にはかなり気に入りました。設備はテントサイト、トイレ、炊事棟のみです。テントサイトはフリーサイトで区画割はされていない。芝が植わっているので、マットを脹らます必要も今日はないです。テントサイトには、タイヤのホイールを切って作ったと思われるファイアーサークルがあります。炊事場は薪をくべて使うタイプの物がいくつかありました。トイレはもちろん汲み取り式でした。綺麗とは、お世辞にも言えるトイレではありませんが、まぁそれなりに使えるものです。どーしてもトイレは清潔なものでないとと言う人は、10分程歩いて、梶ヶ森山荘まで行けばトイレを貸してもらえます。

梶ヶ森天狗の鼻キャンプ場:イメージ3 梶ヶ森天狗の鼻キャンプ場:イメージ4

キャンプ場の中、水場を求めて歩き回りましたが、水場はどこにもありませんでした。キャンプ場入り口の案内図で確認すると、少し離れたところに水場と言う文字があり、その下には土佐の名水40選梶ヶ森と書かれてました。キャンプ場内に水場がなく、少し不便かなと思いましたが、名水と言う文字を見て納得できました。ミネラルウォーターがコンビニで売られている事を思えば、山の中の名水はいくら飲んでもタダなのが最高に嬉しい。五分程車道を歩くと、土佐の名水梶ヶ森の看板が左手に見えてきます。看板に従い急な階段を下ると、割と整備された水場につきます。何やら、由来を書いているらしい石碑等もあったがそんなのには目もくれず、とりあえず両手にいっぱい水を汲み飲みほす。うまい!名水は自然の中で飲んでこそ本当にうまいのだと思う。町の雑踏の中で飲んだら多分普通の水だろうに・・・。プラティパスのボトルに2.5リットル水を汲みテントサイトに戻りました。

晩飯は米を炊いて定番のレトルトカレーで簡単に済ませました。今晩は独りキャンプなので何となく寂しくなりテントから這い出すと星がすばらしかったです。他に誰も居ない貸切のテントサイトで星を見ながらウィスキーを飲んで寝ました。

<キャンプ場の長所と短所>

長所
・フリーサイトなのでテントサイトがゆったりとして広い。(ただし混雑しなければ)
・星明かり以外に全く明かりがなく非常にゆったりとした雰囲気がある。
・キャンプ場を中心としたトレッキングコースが充実している。(天文台等もある。)
・キャンプ場料金無料(予め受け付けの必要も無し)
短所
・水場がキャンプ場から少し離れている。(でも名水!)

-DATA-

場所:
高知県長岡郡大豊町梶ヶ森自然公園
料金:
キャンプ料金は無料、バーベキュー用具(炭付き)大1500円、小1000円
連絡先:
梶ヶ森山荘 0887-74-0256
設備:
テントサイト、炊事場、トイレ
買出し:
無し(ふもとで全て揃えてから登ってきた方が良し。)
周辺観光:
梶ヶ森天文台(キャンパーは基本的に利用不可。要問い合わせ。 TEL:0887-74-0256)
梶ヶ森札所(1番札所定福寺奥の院、2番札所真名井の滝、3番札所苔の岩、4番札所御影堂、5番札所二人の丘、6番札所天狗の鼻、7番札所梶ヶ森山頂)
竜王の滝

ページのトップに戻る