キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« トーパスビレッジ・ムーイキャンプレポート:トップページうらほろ森林公園キャンプ場 »

オートリゾート 苫小牧アルテン

Aug. 11-12, 2000 広い、きれい、さすがは五つ星!

キャンプ場の利用料金というものは、どのようにして決められているのだろうか?私の住んでいる関東近辺では、1サイト5000円が一つの基準となっているようだ。オートキャンプを始める前には、河原の日帰りバーベキューばかりしていたので、最初のうちはたかが野宿に5000円、というのがとても高く感じられた記憶がある。馴れとは恐ろしいもので、たまに4000円くらいの利用料のキャンプ場にでかけると、とても得した気分になってしまう。しかし、肝心なのはその利用料金に見合った「気持ちのよさ」を手に入れられるかどうかである。

北海道のキャンプ場の利用料金は、軒並み安い。無料で利用できる場所まである。そんな中で、この「アルテン」の利用料はかなり高い部類に入る。我が家が利用したのは5000円のサイト。関東で普段利用している料金並なのだが、北海道で過ごしていると妙に高く感じられてしまう。ゲートを通り、管理棟で料金を払った時には、ずっと気にかかっていた。しかし、晴天にも恵まれ、青空の下広々とした場内でのんびりすごしているうちに、その5000円がちっとも高く思えなくなってくるからいい気なものである。

5年前にも一度利用したことがあるのだが、その時よりも規模が大きくなったような気がした。チェックインなどの手続きも面倒になっていて、予約していても、受付で何やら住所や名前を書かされる。サイトに入ると、ちゃんと係員(制服まである!)がやってきて、区切りの線などを説明してくれる。ちょっとしたホテル並の手続きだ。

しかし、施設の充実度は目を見張るばかり。日本オートキャンプ協会というところがキャンプ場の格付けをしているのだが、アルテンはさすがに五つ星。テントとパラタープを張って、もう一つテントが張れそうな位の広いサイト。場内の遊具も、それだけで小さな公園並。それも場内各所に散在しているのだからすごい。

オートリゾート 苫小牧アルテン:イメージ1

サイトのある場所を離れても、まだまだキャンプ場の敷地内。サッカーでもできそうな芝生広場からは、樽前山がくっきりと見える。釣りも水遊びもできる川も流れ、もっと小さい子供向けには「遊んで池」という池もある。乗馬のできる施設まで新設されていた。あまりに広い場内なので、移動するにはレンタル自転車を使うのがあたりまえのようになっている。キックボードのレンタルまであるのは珍しい。

お盆近くに利用したので、これだけのキャパを誇るアルテンでも、ほとんどのサイトが埋まっていた。サイトの場所によっては、多少にぎやかに感じられるかもしれない。特に管理棟近くのサイトは、便利な分常に人通りがある感じ。私達の利用した場所は、管理棟から道路を一本渡ったブロックだったので、非常に静かにのんびりと過ごすことができた。

オートリゾート 苫小牧アルテン:イメージ2

施設の中でも特にありがたいのは、隣接の温泉「ゆのみの湯」。キャンプ場利用者は1日分の料金で2日間入り放題となる。露天風呂からは樽前山も望める。我が家もチェックアウト後に2度目の風呂を浴びてから、気持ちよく出発することができた。

-DATA-

<キャンプ場の○と×>
・とにかく広い。
・とにかくきれい。
・隣接の温泉施設がこれまた素晴らしい。
・サイト数が多いのに、余裕のレイアウト。
×
・管理的なキャンプ場がきらいな方には不向きかも?

-DATA-

場所:
北海道苫小牧市樽前421-4
アクセス:
国道36号
電話:
0144-67-2222
料金:
個別テントサイト(電源・テーブルつき)5250円~5775円
個別テントサイト(電源なし)4200円~5250円
セミオートサイト 3150円
場内施設:
屋根付き炊事場、水洗トイレ、温泉隣接、場内に遊具がたくさん、あそんで池、川、キックボード、自転車レンタル

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る