キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« オートリゾート 苫小牧アルテンキャンプレポート:トップページ達古武キャンプ場 »

うらほろ森林公園キャンプ場

Aug. 14-15, 2000 地元の利用客が多い、格安キャンプ場

私の愛車は、マツダのボンゴフレンディ。この車を購入したのは、屋根が持ち上がり、車中泊が簡単にできることが第一のポイントだった。移動の途中にSAや道の駅で、簡単に車中泊ができるので、この車を買ってから行動範囲が相当広がった。しかし、車中泊はあくまで車中泊。2日も続けば体が痛くなってしまう。そんな車中泊が3日続いたあと、この「うらほろ森林公園キャンプ場」にたどりついた。家族全員、テント泊のよさを実感したキャンプ場である。テントでのびのび眠るだけでこんなに気分が良くなるのだから、やはりキャンプは良い!

帯広経由で国道38号を利用。とても簡単にアクセスできる。途中十勝川を渡る橋からの眺めがとても良く、気分爽快になる。このあたりの風景こそ、北海道らしい。日勝峠を越えてきたので、周りをさえぎるもののない景色を見ると本当にほっとする。国道から少し入っただけで、車の騒がしさはほとんど感じられない。

うらほろ森林公園キャンプ場:イメージ1


場内に入ってまず目に入るのが、芝生の広場。ここは、フリーサイトとして利用されているが、空いていればのびのび遊べる。なぜか、野外ステージのようなものまであった。管理棟に行くと、「遠くから、大変だったでしょう」と声をかけてくれる。あまりメジャーなキャンプ場ではないので、地元の方が利用することが多いらしく、東京からのキャンパーということで覚えていてくれたらしい。実はキャンプ場にはランドリーの施設がないのだが、長旅の途中ということを配慮してくださり、洗濯をさせてくれた。

うらほろ森林公園キャンプ場:イメージ2

料金の安さにも驚かされる。1台たったの1000円!区画された(それだけ設備投資された)キャンプ場で、この値段は北海道といえどもなかなかないのではないか。利用料が安い上、公園の中にあるため遊ぶ施設は充分。テントの設営が終わると、子供達はさっそくアスレチックで遊び始める。小川が流れていて、ちょっとした水遊びもできる。大きなうさぎ小屋があるのを見つけると、もうそちらに夢中。たくさん飼われていたので、えさをやりを続けていた。大人もなんだか、のんびりしてしまう。

サイトの中央のあたりに、炊事場とトイレがある。どちらも、ログ組のとてもきれいな建物。特に炊事場は広々していて、ゆったりと使うことができた。トイレもとても清潔。これだけ施設が充実していると、とても気分よくキャンプを楽しむことができる。

テントサイトのほかに、バンガローも10棟ほどあった。中を覗いてみると、8畳ほどの広さ。AC電源はついているので、天候が悪かったらこちらを利用するのも良いかもしれない。何しろ1棟3000円という安さである。

夜になると、どのサイトでも花火大会が始まったのにはびっくり。あたりには、もうもうと煙が立ちこめる。中にはロケット花火を山に向かって打ち込み始める人までいた。サイトが広くコストパフォーマンスの良さは抜群。しかし、これだけは残念だった。

<キャンプ場の○と×>

・とにかく安い!
・遊具施設もたくさん!
・管理人さんたちがとても親切。洗濯をさせてもらいました。
×
・とくになし。

-DATA-

場所:
北海道十勝郡浦幌町字東山町22
アクセス:
帯広市内から国道38号、帯広から40分ほど
電話:
01557-6-3455
料金:
1000円
場内施設:
屋根付き炊事場、水洗トイレ、温水シャワー、カヌー乗り場、達古武湖が散策できる木道、レンタル自転車

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る