キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 道立オホーツク公園オートキャンプ場「てんとらんど」キャンプレポート:トップページきのこの里あいべつキャンプ場 »

上湧別五鹿山公園キャンプ場

Aug. 18-19, 2000 1区画がめちゃくちゃ広いキャンプ場

頻繁にあっては困ることだが、キャンプ中にちょっとした行き違いが起きてしまうことがある。不快な気持ちになりそうな時もあるのだが、貴重な休日のせっかくのキャンプ、できるだけ気を取り直して楽しむことにしている。

_上湧別五鹿山公園キャンプ場:イメージ1

今回の五鹿山キャンプ場でのアクシデントは、利用料金がパンフレットやキャンプ場ガイドなどに載っている値段と違っていたこと。1000円のはずだったところが、実際には2000円。パンフには値段の訂正のチラシが入っていたが、損した気分は否めない。まあ、値段が高くなったとはいえ、「2000円」というは格安の部類に入る。気を取り直してキャンプを楽しむことにする。

網走方面からいろいろと寄り道をしながら移動したので、五鹿山キャンプ場に着いた頃には、かなり暗くなっていた。遅くなることを電話で連絡しておいたら、管理人が不在となるので、近くの沢口さんというお宅に手続きに行くように言われた。とりあえず車をとめて、「沢口さん」のお宅を捜す。表札を見つけて声をかけると、人違いとの事。同姓の方で、よく私達のように間違えて尋ねてくる人が多いそうだ。丁重にお詫びをして、やっと本物の沢口さん宅を見つけた。落ち着いて見れば、大きな看板も出ており、間違えることも無かったのに、申し訳ないことをしてしまった。 それにしても、あまりに普通の民家なので、ちょっと気が引ける。町から委託されて、時間外の管理をなさっているのだろうが、夜中に病気などのアクシデントがあった場合はどうするのだろう??

ようやくチェックインをすませ、大急ぎでテントとパラタープを設営する。車から降りたとたん、とんでもない数の蚊がおそってきた。こんな経験ははじめてである。前面メッシュのパラタープがあって本当に良かった。しかし、不思議なことにいつのまにかぱったりといなくなり、夜中に蚊の羽音に悩まされるようなことはなかった。

上湧別五鹿山公園キャンプ場:イメージ2

それにしても、とんでもなく広い区画サイト。フリーサイトを除けば、我が家が利用したキャンプ場の中でも、最大の広さであるのは間違いない。テントとパラタープを設営して、その横で悠々キャッチボールができる。本当に広い。

上湧別五鹿山公園キャンプ場:イメージ3

設備の面でも、屋根つきの炊事場や水洗トイレなど、必要十分なものはそろっていた。この料金で、AC電源まで使えるというのも素晴らしい。 場内には列車の車両が置かれている。中は何かと覗いてみると、一応宿泊施設となっている。あまり利用されている様子はなかったけど。

五鹿山公園には、パークゴルフ場やアスレチック、高山植物園などがある。冬にはスキー場もオープンする。残念ながら翌日の天気が悪く、ゆっくり遊ぶことはできなかった。 遊びの施設としては、すぐ近くの「道の駅中湧別」もおすすめ。道の駅とは思えないほど立派な施設。漫画美術館や図書館まである。雨でキャンプ場で時間をもてあましてしまうような時には、車で10分ほど移動すれば、ゆっくり読書を楽しむこともできそう。

いろいろとアクシデントもあったのだが、冒頭に述べたとおり、キャンプをしていると多少の問題は気にならない。今回も、チェックアウトの頃には、あー楽しかった!と思いつつキャンプ場を後にした。

<キャンプ場の○と×>

・とにかく安い!
・とにかく広い!
・施設、設備も充実。
×
・めちゃくちゃ多い蚊。
・管理人常駐ではない点、何かあったら困ります。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る