キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場キャンプレポート:トップページオートキャンプしあわせの丘リゾート »

玉川キャンプ村

Jul. 1-2, 2000 場内に川が流れるキャンプ場

場所は山梨県といっても、東京に隣接した小菅村。奥多摩湖から20分くらいのところにある。学校のある日の土曜日だったので、午後3時過ぎに家を出た。家からは1時間半くらいで到着できる、割と近いキャンプ場。いつもは学校が休みとなる第二、第四土曜日にキャンプに行くのが通例となっていたが、こうやって土曜日の午後から出かけられるキャンプ場が近くにあれば、子供連れキャンプの幅も広がる。

東京ではものすごい暑さを記録した日だったのだが、さすがに標高も高くかなり過ごしやすかった。奥多摩を過ぎ奥多摩湖に向かうと、徐々に「山」の雰囲気が強くなる。しかし、ここも東京都。山道が苦手なうちの子供達は、防衛本能が働いたのか、到着までの間ずっと眠っていました。起きるまで頬って置いたので、目覚めた頃にはあたりは真っ暗。暗い中での夕食となった。

場内にはほとんど照明がなく、夜中に歩くのには困るのだが、おかげで久しぶりに美しい星空を見ることができた。明かりが無い真っ暗な状態には、なかなかめぐり合えないのだが、本当にたくさんの星を見ることができた。

玉川キャンプ村:イメージ1

翌日明るくなって場内をいろいろ探検してみると、いろいろなオブジェがあるのに気づいた。高さ1メートルちょっとの岩をけずったり、そこに絵を描いたりしてかざってある。オーナーの趣味だと思われるが、他にもいろいろ手作りのものがあった。壊れたクレーン車の腕から吊り下げたブランコがあったり、そこに繋がる滑り台があったり...。塀に囲まれたちょっとしたスペースがあり、そこには鹿とアヒル、犬などが飼われていた。ただ、全体にあまり清潔感がなく、ちょっとごちゃごちゃしすぎかも??

玉川キャンプ村:イメージ2

何といってもこのキャンプ場の売りは、サイトのすぐそばを流れる川である。きれいで冷たい流れがあるので、夏場はいっぱい遊べそう。管理棟で頼むと、この川に魚を放流してくれて、釣りやつかみ取りを楽しむことができる。(料金は不明)ただ、生簀として川底がえぐられているため、子供の川遊びには危険そう。うちの子供達も、ちょっとした支流の方でおたまじゃくしを捕まえたりして遊んでいた。

サイトは変形で、かなりせまい。山間のキャンプ場では、ある程度仕方ないかもしない。よくぞこんな場所にキャンプ場を開いた!という点では感心させられる。

<キャンプ場の○と×>

・値段が安め。
・場内サイトのすぐそばに川が流れている。夏場はすぐに水遊びのできる環境。
・自然の中のキャンプ場。真っ暗な夜中に見る素晴らしい星空は絶品!
×
・サイトがせまい。形状も縦長で、満員の時には使いにくそう。

-DATA-

場所:
山梨県北都留郡小菅村2202
アクセス:
奥多摩湖から国道411号、139号経由で20分ほど
電話:
0428-87-0601
料金:
4000円
場内施設:
屋根付き炊事場、水洗トイレ、露天風呂、場内に川(放流あり)

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る