キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2000年04月キャンプレポート:トップページ2000年07月 »

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場

May.13-14, 2000 場内に清流流れるキャンプ場 紅葉も美しい!

この四月に千葉の館山から、東京のあきる野に引っ越した。東京に引っ越して五日市の庁舎に出かけたとき、なぜかそこにこのキャンプ場のパンフレットが置かれていた。場所は埼玉県だが、圏央道を使えば、家からもかなり近いことがわかり、さっそく利用することにする。

とにかく気前の良いキャンプ場で、温水シャワー・電源・ランドリー・洗濯機など、すべて無料で使うことができる。首都圏のキャンプ場ではまず無いことで、そのせいか予想以上に混みあっていた。連休明けのこの時期は、よほどのキャンプ好きでないと、まだあまり出かけない時期だと思っていたのだが.....。

料金は5000円。1000円安い砂利サイトがあるのだが、そこでテント泊するのは、かなり辛そう。あの砂利の上で多少のマットを敷いても、焼け石に水であろう。実際利用していたのも、トレーラーハウスと屋根を上げたフレンディが1台ずつで、テントを設営している人はいなかった。ただし、5000円のサイトも「芝生サイト」と名はついているが、車を停めるスペースは砂。車に乗り込むときに、結構砂が入ってしまって面倒だった。

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場:イメージ1

川に沿った横に長いレイアウトの場内。管理棟は一番奥にあり、簡単な売店も一緒にオープンしている。まだ新しいキャンプ場なので、施設そのものがきれい。特に炊事場は蛇口の数も多く、調理スペースもたっぷり。その上、完全な屋根つきでとても使いやすい。温水シャワーもよくあるコインシャワーではなく、きちんとした脱衣所のある本格的なもの。水周りが清潔だと、本当に過ごしやすい。

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場:イメージ2

電源が使えることがわかっていたので、今回は炊飯ジャーを持っていく。ご飯は無事に炊けたのですが、屋外用のカバーがじゃまして、細身のプラグしか差し込めない。テント用に使用している、蛍光ランプのACプラグの形状が幅広で、電源ボックスに接続できなかった。そのため、せっかくの設備なのに、テントの照明の電気は車のインバーターからとった。通常サイズのプラグなら問題ないと思われるが....。

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場:イメージ3

場内は広くて、遊べる場所もたくさん。隣接する神社の方へ行ってみると、菖蒲園もあった。といっても、まだ菖蒲は咲いておらず、かわりにレンゲがきれいに咲き乱れていた。キャンプ場から階段を下りると、小さな川でも遊べる。あまり、きれいな川ではなかったが、サワガニなども見つけることができた。夏場には楽しそう。この季節はシロツメクサが群生しており、子供達は花輪や冠などいろいろ作りながら遊ぶ。

夜中からかなりの雨音が聞こえ、パラタープにも水がたまるほどの大雨。干してあったタオルもびしょぬれになってしまったのだが、乾燥機を使えることに気づき、さっそく活用。これは便利!繰り返すが、この乾燥機もすべて無料。

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場:イメージ4

洗濯機・乾燥機が使い放題、となると連泊してみたいところだが、それにしては、周辺にじっくり時間をかけて遊びたい施設等が少ないのが残念。近くの鎌北湖でボートに乗ろうとでかけたが、ダムの水が減ってボートに乗れるような雰囲気ではなかったので、急遽ハイキングに変更。湖に隣接する、四季彩公園を歩いたが、それでも明るいうちに、家に到着することができた。

<キャンプ場の○と×>

・とにかく太っ腹なキャンプ場。これだけ無料で使わせてくれるキャンプ場は、なかなかない。
・施設そのものがきれい。
・川、菖蒲園など、場内から遊びにいける。
×
・じゃりサイトは、現実的に利用する人はいないのでは??

-DATA-

場所:
埼玉県入間郡毛呂山町大字滝ノ入585
電話:
0492-94-8812
交通:
関越道鶴ヶ島インターより40分ほど
料金:
5000円(芝生サイト)
場内施設:
屋根付き炊事場、水洗トイレ、温水シャワー、電源、洗濯機、乾燥機(すべて無料)

ページのトップに戻る