キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 1998年09月キャンプレポート:トップページ2000年04月 »

富郷渓谷、金砂湖、翠波高原

「ちょっと遠出したいし、いい景色も見たい。」

かなり寒い今日このごろ、正直言ってキャンプにも苦痛を伴いかねない状況下で、ことさらお勧めのスポットもあったものではないのですが、季節は巡る訳ですし、車でちょっ と遠出ができて、いい景色を愛でたいというあなたにこっそり教えましょう。今回のキャンプ場は愛媛県伊予三島市富郷渓谷キャンプ場です。

香川県からだと高松以東からは、高松自動車道が便利です。高松西インターからでも、伊予三島まで30分位ですしね。高速を降りたら国道11号線から左折して国道319号線に入ってください。あまり広くない道で特に狭い法皇トンネルは注意が必要。トンネルを抜けると、すぐ法皇スカイラインへ。これを上っていくと翠波高原が有ります。翠波高原は、有名なコスモス園があって、そりゃ見事です。さすがに一人で行くのはもったいないです。何本あるかなんてまったく分かりません。そこらじゅうコスモスなわけですから。付属のコスモス展望台からは、四国山地が一望できます。できればですが、ここを通過するのは朝がいいですね。理想的には、8時くらいまでに。保証して空気と景色の違いが実感できます。一人で行くのなら別にいつ行ってもいいですけど。さて、コスモスを見終わったらもと来た道を分岐まで戻って、金砂湖に行ってみましょう。まあ、単なるダム湖なんですけど。バスがよく釣れるみたいです。道端にトイレと公園が有ります。景色はいいし、赤い橋もかかっているので記念撮影むきですな。まあ、ひとりで記念撮影も無いでしょうけど。橋のところで、池田方面と富郷、別子方面に分岐が有ります。もし時間があればぜひ池田方面に 20分位走ってください。湖にかかる、大きい吊り橋が有ります。これは怖いけど景色も抜群ですし、彼女がいれば盛り上がること間違いなし。けれど一人身でしたら関係ないので行かなくていいです。 では、いよいよ富郷渓谷に行くとしますか。

富郷渓谷キャンプ場は、景色、水がきれいなことを除けばこれといって特徴はありません。けど、それだからこそいいとは思いませんか。目的をたがえた、勘違いのやからがくるわけでもないし、静かなことがここを使う最大の値打ちと言っても過言では無いはずです。とは言っても、トイレ、炊事場、バーベキュー設備等必要かつ十分な設備はそろっています。河原にテーブルと椅子のセットが10組くらい置かれてあって、テーブルクロスさえ持っていけば、すぐにランチなんか楽しめます。ただし重装備のキャンプ道具は極力避けたほうがよさそうです。というのも、荷物を持って河原をずいぶん歩かないといけないからです。テントサイトはもっと遠いので、考えただけでも疲れてきそう。ご注意してください。河原のテーブルは結構快適でしっかりしているせいか、長時間座って話していても疲れません。一人で行く悲しい方には関係無いでしょうが、とにかくおいしい料理を作るのも、コーヒのセットを持ち込むのもしっかりしたテーブルがあってこそ引き立つと思うので、テーブルに安心感があるのはうれしいことです。テントサイトはもちろん林間です。一人で行くといかにも夜が寂しそうです。音なんか何にもしませんしね。一人で泊まる人がいたらあいたいもんです。夜は、山の合間から見える、星空が伊予三島とは思えないほどきれいです。ますます、一人じゃもちません。後、ここでできる遊びとしては、夏の渓流水遊び、野鳥観察等です。

キャンプ場自体には特徴にかけますが、夏場の水遊び秋の紅葉は特筆ものです。くどいようですけど、いい季節に決して一人ではなく、彼女と行ってよね。ほんとに悲しいことになるから。ファミリーは問題無く楽しめます。

-DATA-

利用料:
1張 500円
施設:
夏場 売店有り トイレ バーベキュー設備
貸出:
夏場のみテント等
問合先:
伊予三島市役所0896-23-2500(ただし夏場のみ)

ページのトップに戻る