キャンプレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


夜越山オートキャンプ場レポート

Aug. 6-7, 2002 青森観光にも便利なキャンプ場

今北海道へのキャンプ旅行の途中、毎回青森のキャンプ場を利用している。今回は、青森市の西隣、平内町にある夜越山キャンプ場を利用した。我が家の経験では、青森のキャンプ場にはずれはない、というのが定説になっている。

夜越山オートキャンプ場レポート:イメージ1

東京からの移動途中、高速道路のSAで車中泊。目が覚めると、青空が広がり朝から暑い。この日は予定がたくさんあったので、急いで青森方面へ移動。終着の青森インターで降りて、まずは三内丸山遺跡へ。インターから10分もかからずに到着できるアクセスのよさは素晴らしい。縄文時代の遺跡だとは知っていたが、こんなにきれいに整備されいるとは思いもしなかった。広々とした芝生の広場に、公園や博物館がある。できたばかりで、すべて新しく、いろいろ楽しめた。何より無料というのがすごい。青森に寄るなら、ぜひともお勧めの場所である。たっぷり遊んでから、目的地の夜越山オートキャンプ場へ。

続きを読む "夜越山オートキャンプ場レポート" »

つがる地球村

Aug. 7, 2002 リゾート施設内の、のんびりしたキャンプ場

今年の夏は、家族で北海道へのキャンプ旅行を計画した。自宅のある東京西部から渡道するには、何通りかのルートがある。私達の選んだルートは、青森から函館へのフェリーを利用する方法だった。青森までの高速代などを考えても、一番安く・早く・自由に渡道できる、と考えたからだ。私を含め、全員船に弱い、というのも大きな要因で、青函ルートなら4時間ばかり船に乗っていれば、到着できるのだ。東北自動車道は、全長およそ600km。さすがに、一気にフェリーに乗り込むのはつらいので、青森県内で一泊キャンプをすることにした。選んだのは、津軽半島の根元部分の辺りにある、「つがる地球村」

続きを読む "つがる地球村" »

モヤヒルズキャンプ場

Aug. 8-9, 2000 場内でたっぷり遊べるキャンプ場

北海道へ渡る前泊地として、いつも青森県内のキャンプ場を利用している。渡道するのは今年で3度目となるが、せっかくだからいろいろなキャンプ場を楽しもうと、3度とも別のキャンプ場で宿泊した。3箇所とも素晴らしいキャンプ場ばかりで、非常に良い気分でフェリーに乗ることができる。ランダムに選んだ3箇所が、すべて素晴らしい、ということは、青森県のキャンプ場のレベルって、かなり高いのでは?と信じている。(ちなみに、ここ以外の2箇所は「国設薬研野営場」と「つがる地球村」)

モヤヒルズキャンプ場:イメージ1

モヤヒルズはとてもきれいなリゾート。冬はスキー場にもなる。青森市内から20分もあれば到着できる点、なかなかの立地条件。その中にオートキャンプ場もある。小高い丘の上にあるので、キャンプ場につくだけで気分も良くなる。

続きを読む "モヤヒルズキャンプ場" »

ページのトップに戻る